ゲームで記憶力アップは出来る?

ゲームで記憶力アップは可能か

某携帯ゲーム機が販売されて間もない頃、脳トレゲームが話題になりました。それまではゲームと言えば子供や若者の遊びと言うイメージでしたが、脳トレブーム以降は大人や高齢の方でも携帯ゲーム機を持つ姿が目立っています。しかし、携帯ゲームでの脳トレは果たして本当に記憶力アップに繋がるのでしょうか。

結論から言うと、携帯ゲーム機で行える脳トレにはあまり効果が期待出来ません。中には「繰り返すうちにだんだん良いスコアがとれるようになったし、効果がまるで無いわけではないのでは?」と思われる方もいらっしゃるかも知れませんが、それは単にゲームの内容に慣れたのを「記憶力が良くなった」と錯覚しているだけの事が多いです。どんなに内容が充実していても、毎日やっていれば自然と慣れてきてしまいます。そして、一度慣れてしまえば脳トレも単純作業と変わりありません。
 

ゲームで記憶力をアップさせたいなら

携帯ゲーム機の脳トレソフトでは残念ながら記憶力アップに大した効果は得られませんが、ゲームやゲーム感覚で記憶力をアップさせる方法は実はたくさんあります。例えば、将棋や囲碁、トランプなど。それも、出来るだけコンピューターではなく対人でのアナログ対戦がおすすめです。これらのゲームでは短時間に思考をフル回転させる必要があるため、脳が活発に動きます。また対人戦であれば、対戦プレイヤーの癖やその時の思考などで次の手が変わってくるため戦略がパターン化されず、適度な緊張感の中で勝負をする事になります。
 

ゲーム感覚で記憶力をアップさせる

対戦相手が居ない場合は、一人でもゲーム感覚で出来るトレーニングがあります。おすすめはパズル。ある程度の手応えが感じられるものならば、どのようなパズルでも構いません。出来れば慣れる事で簡単にならないものを選ぶようにしましょう。

速読も記憶力アップのトレーニングにおすすめです。一見記憶力と速読は関係ないように思えるかも知れませんが、速読では絶え間なく入ってくる情報を処理するために記憶力を要するので、速読を身に着けるならば記憶力は欠かす事が出来ません。速読をする上で気を付けたいのは、ただ文字を目で追うだけで終わらないようにする事。速く読んだ上で、内容を理解していなければ意味がありません。速読は記憶力のアップに繋がるだけでなく、日常生活でも役に立つスキルなので是非身に着けたいですね。