記憶力がアップする食事

食事で記憶量がアップする

身体は年齢を重ねるうちに衰えていくものですが、実は記憶力も次第に低下していきます。健康のために食生活に気を遣っている方は多いですが、折角ならば記憶力のアップにも繋がる食事を意識してみてはいかがでしょうか。
 

魚類

脳に良い食べ物と言えば、やはり魚類です。中でもサーモンに多く含まれるドコサヘキサエン酸には神経細胞同士の情報伝達能力をアップさせる働きがあります。またサーモンにはアスタキサンチンと言う成分も含まれており、こちらは疲労回復に効果的です。脳には血液脳関門と言う部位があり、この関門は多くの成分を不要品として弾いてしまうのですが、アスタキサンチンは血液脳関門を突破して脳に届ける事が出来る貴重な成分です。

またオメガ3脂肪酸を多く含む青魚も記憶力アップの食事には欠かせません。青魚は秋刀魚、鯖、鰯、鰤、鯡など、種類が豊富で普段の食事に取り入れやすいものが多いので、様々な調理法で食卓に並べる事が出来ますね。
 

ナッツ類

ナッツはカロリーが高く太りやすいために避ける人も多いですが、記憶力の低下を防止するビタミンEが豊富に含まれている食材です。中でもピーナッツはビタミンEだけでなく、脳の神経伝達物質であるレシチンまで豊富に含んでいます。

ピーナッツ以外ですと、クルミもおすすめ。クルミには記憶力や集中力をアップさせる効果があるだけでなく、αリノレン酸と言う成分が脳への血流をよくしてくれるため、脳に血液と酸素がしっかり届きます。加えてクルミには、トリプトファンと言う成分が含まれているのも非常に重要な点です。トリプトファンは体内でセロトニンと言う成分に変わりますが、このセロトニンはストレスや鬱を改善する成分として抗うつ剤にも含有されています。
 

お茶類

気を付けるべきは食事だけではありません。日頃何気なく飲んでいるお茶にも、記憶力アップに繋がる成分が含まれている事があります。例えば緑茶には抗酸化性分が含まれており、情報伝達する役目を担っている細胞の働きを活性化させ、脳細胞を新しくするよう働きかけます。これにより記憶力がアップするだけでなく、空間認識能力まで向上します。
 

コーヒー

コーヒーにカフェインが含まれている事は有名ですが、そのカフェインが脳の記憶を司る海馬を刺激する事で、記憶力のアップが期待出来ます。もちろん飲み過ぎは良くありませんので、適量を継続して飲むようにすると良いでしょう。