トレーニングで記憶力アップを目指す

記憶力が低下したと感じたら……

人の身体は自堕落な生活を続けていると、自然と衰えてきます。40才を過ぎればなおさらでしょう。若い頃には当たり前に出来た事が出来なくなると言うのはいずれ誰でも経験する事ですが、実はこれは身体に限った話ではありません。人の記憶力も、加齢と共に衰えていき、新しい事が覚えられなくなったり、思い出す事が出来なくなったりします。身体も心もいつまでも若々しくあるために、肉体の健康を維持するのはもちろん、脳を鍛えて記憶力のトレーニングをしましょう。ここでは日常の中で出来る記憶力アップのためのトレーニングをご紹介致します。
 

日記を習慣にする

1日の終わりに日記を書く事が、実は記憶力をアップさせる効果的なトレーニングになります。人は日記を書くとき、その日にあった事を順番に思い出そうとしますよね。日記を書くために自然に行っているこの行為が重要なのです。日記の内容は、ただあった事を箇条書きにするのではなく、出来るだけ細かに書くようにすると良いでしょう。その出来事に対して自分はどう思ったかまで書き記すと、より高い効果が期待出来ます。何故その時の感情や感想を書き加える事で効果がアップするのかというと、人の脳と言うのは感情が働く事や興味がある事に対しては覚えやすくなると言う性質があるからです。興味が無い事はちっとも覚えられなくても、興味がある事や好きな人の事ならどんどん覚えていくのはこのためです。
 

人の名前を覚える

友人の名前をフルネームで覚えているのは当然ですが、仕事場でしか付き合いがない人は意外と下の名前まで覚えないもの。苗字で呼び合うので、あえて覚える必要がないのは確かですが、そんな相手であってもしっかりとフルネームで覚えるようにしてみましょう。自然と記憶力を高めるトレーニングになります。
 

脳トレゲーム・アプリ

少し前には、携帯ゲーム機で行う脳トレが流行りました。最近ではスマートフォンの普及により、スマートフォンをはじめとする携帯電話やタブレットで脳トレを行う事が出来ます。脳トレアプリは無料から有料までたくさん出ているので、様々なものを試してみると良いでしょう。アプリの場合は、ゲームソフトと違い有料でも数百円程度なのでお手軽です。

また、インターネット上のホームページには瞬間記憶を鍛えるためのブラウザゲームもあります。最初に出てきた言葉を決まった時間内で覚えるなど、1分程度で出来るものばかりなので時間が空いた時に試してみると良いでしょう。